8月 09

The Bottle Impルール日本語抄訳

旧のThe Game Galleryに登録していましたルールの再録です。Bambus Spieleverlang社のThe Bottle Impルール日本語抄訳です (レビューはこちら –  悪魔を利用するのかされているのか「The Bottle Imp」)

個人的に翻訳していましたルールやサマリを公開しています。ご利用にあたりましては以下の点にご注意ください

  • ルールの利用に伴う問題発生時には責任を公開者は負いません
  • 無断転載禁止です
  • 公開したものであっても、予告なく修正・削除する場合があります

The Bottle Impルール日本語抄訳

プレイ人数:

2〜4人

コンポーネント:

  • 青、赤、黄のカード 合計36枚 (カードに書かれているコインのアイコンがハンド終了時のポイントになります)
  • 19の数字のカード 1枚
  • 参考カード 3枚
  • ボトル駒  1個
  • マニュアル 1冊
  • The Bottle Imp小説 1冊

上記に加えてポイントを記録する鉛筆と紙などが必要です。

注意:
以下に記述するルールは3〜4人用のルールです。2人用のルールは後述します(2人用ルールは未訳)

ゲーム概要:

他の多くのトリックテイキングと同様このゲームは、なるべく多くのポイントを取ることを目的としたゲームです。ただし、ボトルを受け取ってしまう事によってハンド終了時にポイントがマイナスになってしまう事があります。これをうまく避けるようにプレイしてください。

プレイ準備:

19の数字が書かれてたカードをテーブル中央に表向きに置き、その上にボトル駒を配置しておいてください。3枚の参考カードは各プレイヤーが見える用に(全て同じ内容です)、適当な位置に置いておいてください。36枚のカードを各プレイヤーに全て配ってください。

プレイの流れ:

ゲーム開始時:

各プレイヤーはカードを1枚選択して破棄します。破棄したカードは裏向きにしてスタートカード(19の数字のカード)の下に置いておきます。ここに破棄されたカードは誰も見ることができません。各プレイヤーは手元からカードを1枚選択して、裏向きで左隣のプレイヤーの前に置きます。その後もう1枚カードを手元から選択して、裏向きで右隣のプレイヤーの前に置きます。最後に、自分の前に置かているカード2枚を受け取り自分の手札に加えます。

トリックテイキング:

プレイは時計回りで進みます。カードを配ったプレイヤーの左隣のプレイヤーからリードを行います。リードされたカードのスートにはマストフォローです。フォローできない時は任意のスートをプレイすることができます。

プレイされたカードを判定してトリックに勝ったプレイヤーがカードを受け取り次のリードを行います。これをハンド終了まで続けます。

The Bottle Impの判定:

トリックの判定は以下のルールで行います。判定は数字のみを参考にし、スートはいっさい関係ありません(スートはプレイの縛りだけ)

まず、トリックの時点でボトル駒が置かれているカードの数字を「基準点」とします。

・プレイされた全てのカードが基準点より大きい数字だった場合、最も大きい数字をプレイしたプレイヤーが勝利します。

以下のケースの場合ボトル駒が移動します

・プレイされたカードのうち1人だけが「基準点」を下回る数字だった場合、そのプレイヤーがトリックに勝ちカードを受け取ると同時に、ボトル駒も受け取ります。ボトルを受け取ったプレイヤーはプレイしたカードの上にボトル駒を置き、新しい「基準点」になります。

・プレイされたカードの中に複数枚の「基準点」を下回る数字が合った場合、下回った数字の中で最も数字の大きいプレイヤーがトリックに勝ちカードを受け取ると同時に、ボトル駒も受け取ります。ボトルを受け取ったプレイヤーはプレイしたカードの上にボトル駒を置き、新しい「基準点」になります

※訳者:ボトル駒が移動した場合、ボトル駒が以前に置かれていたカードは、元の所有者がそのまま持ち続け、ボトル駒のみ移動する点に注意してください

ゲーム開始時点では、誰もボトル駒の所有者にはなっておらず、基準点は常に「19」です。

例:
基準点「19」
Adma:24
Betty:15
Christian:17
Doris:32

基準点を下回ってるプレイヤーが、「Betty:15」と「Christian:17」の2人。数字は「Christian:17」の方が大きいのでChristianがトリックに勝利し、新しい基準点は17となる。

ハンド終了:

全ての手札がプレイされると、各プレイヤーはトリックに勝利して受け取ったカードに書かれているポイントを受け取る。

ただし、ハンド終了時にボトル駒を持っていたプレイヤーは、受け取ったポイントが全てマイナスとなる。

このハンドを何回か繰り返し、一定のポイント(例:500ポイント)に達したプレイヤーが勝利となる。

2人用プレイ:

以 上


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=1061