«

»

5月 29

【ボードゲーム レビュー】「箱庭鉄道」- 究極にミニマム化された鉄道ゲーム

株を買い線路を引く、所謂鉄道ゲームの「箱庭鉄道」です。

この手のゲームとなるとヘビー級ゲームが思い浮かぶわけですが、このゲームは様々な要素をカットして(お金すら無い)、株の入手か、線路の敷設(敷設によって株価が変動)の2択だけに絞り込んであるスリムな仕様になっています。

この手のタイプのゲームを1時間程度で楽しめる作品になってます。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「The Flow of History (歴史悠久)」- 独自の文明を築いて歴史を駆け抜けろ
【ボードゲーム レビュー】「鋼鉄と火薬」&「鋼鉄と火薬 ルネッサンス」– 資源と効果の裏表を使いこなせるか
【ボードゲーム レビュー】「偉人のじゃんけん戦略」- ジャンケンを極めて世界を統べる
【ボードゲーム レビュー】「ポンジ・スキーム」- 強力な借金生産ゲームは、超オススメ

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。
町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=1823