«

»

9月 04

【ボードゲーム レビュー】「ミスター ダイアモンド」- 偽本と本物の宝石を見分ける鑑定眼が求められる古典ライトゲームの傑作

1993年リリースの懐かしいゲーム「ミスターダイアモンド」です。

黒いボード上に置かれた宝石を手番で1個取っていくだけなのですが、「取れる本物」と「ボードに固定されている偽物」の2種類があり、これがよく出来ていて本当に近くで見ても見分けがつきません。

ワイワイいいながら「さっきも触ったでしょう(笑)」とか「これが本物に違いない」とかいいながらプレイすると盛り上げること間違いないです。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「金星の商人」- 銀河双六と呼ばれる名作
https://youtu.be/aFnx0u3sHVc

【ボードゲーム レビュー】「モルゲンランド (Mogrenland)」- 街の直ぐ側にするドラゴンから宝石を頂いてアーティファクトと交換しよう
https://youtu.be/lLAC1h_h3O4

【ボードゲーム レビュー】「イスファハン」- 名作枠。交易の中心地で大成功を収めよう
https://youtu.be/XnlH8X_oaQ8

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=1966

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>