11月 23

NightFall Crimson Siege紹介

非常に需要は少ないと思いますが(笑)、NightFallの第5弾拡張セット – Crimson Siegeをご紹介します(第4弾の紹介はこちら - Dark Rage) 。

Crimson Siegeは前回のDark Rage同様の小型拡張セット(Minion12種類、Action12種類、Summon3種類)になっていまして、Coldest Warの大型拡張セットからここまでが一区切りといった感じがします(Coldest Warの箱にDark RageとCrimson Siegeまでが丁度収まります)。

今回の目玉は、Summon能力の追加です。

今回の拡張セットで追加された各種カードには、Summon Xという能力が追加されていまして、このXの数に等しいGhoul(グール)を突然場に召還できる事になってます(下の画像の場合は、Summon 3なのでグールを3匹!召還します)。

戦闘の開始時点、他人のプレイターンなどあらゆるところでとにかくSummonによってGhoulが出てくるしかけです。このGhoul、攻撃力は1〜2、生命力も1〜2で、どの強さのものが出てくるかは完全にランダムで召喚の山札から指定枚数を引くことになっています。

このGhoulは死亡したりしても、ゲームから除去されることなく再びSummon山札の下にもどっていきますから、永久にぐるぐる出てくる訳です。ちょっとやり過ぎなぐらい出てくる感じのSummoned Ghoulがどう評価されるか気になるところです。このSummon能力は全2つの拡張にあった「Moon」と「Avator」がオプション扱いであったのと異なり、かならず導入される能力である点も注目です。

後は、細かいところですが、プレイヤーがダメージを被った時に受け取る「Wound」いままではWoundカードを使う時にはその種類を気にすることがありましたが、それ以外では特に気にするカードがありませんでした。今回は、特定の種類のWoundカードを捨て札にすることによって発動するカードが入っているので(どの程度発動できるのかはやや疑問ですが)そうした点も気にする必要があるのかもしれません(下の画像はBleed Woundが指定されてます)。

他には、Kickerが発動した時に、必ずしも自分に取って都合が良くない能力が書かれていたりして、Kickerを発動したくないプレイを心がけないとダメな場合もあるようになったのは興味深いですね。

カードは、例によって英語混じりではありますが日本語訳を作りましたので、ご入り用の方はこちらをどうぞ – NightFall The Coldest War以後用カード訳&プレイサマリ

 


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=503

2 comments

    • きく on 2012年11月25日 at 09:33

    カード訳使わせてもらってます。
    しかし、ほんとNightFallってプレイしてるって話を聞きませんね…
    日本でどれぐらいの人がプレイしてるのか気になります。

    • HAL99 on 2012年11月25日 at 10:40
      Author

    アークライトさんが日本語を出すという話しもありましたが、出てませんし国内ではマイナーなゲームですね(残念ながら)。
    ただ、ここまで拡張が出ていることからも海外ではそれなりの人気ゲームなので、もう少しプレイヤーが増えてくれると楽しいですね。

コメントは停止中