1月 19

自宅ゲーム会-2012年末

プエルトリコ

今年プレーをあまりできていなかったということで、1つ目はプエルトリコをやってみました。

普段はドラフトで建物を選択するのですが、この時は拡張セットまでいれたフルセットの建物(我が家のフルセットの場合は、基本+拡張1つめ+BGGの個人拡張入り。拡張2はバランスが悪いので普段使ってません)をランダムで選択してみました。

ランダムで選択してみると、出荷へと偏った構成となり建築をサポートする建物がほとんどない状態!この時の構成だと井戸、塔、工場がいい具合に効いていましたね。しかし、ランダムで選んだのに小さい・大きな倉庫まで完備というのは、よっぽと出荷させてい運勢だったんでしょうね(笑)。

プエルトリコ

基本的に建築型は苦手なのでこれ幸いと出荷しまくったのですが、ボーナス建物を全く取ることが出来なかったのが最後に効いて(といってもほとんどお金も持ってなかったのですけども)、いまひとつ逃げ切るには至りませんでした(いちおう得点トークンが無くなるまで出荷しまくったのですけどね)。

プエルトリコ

3人でのプエルトリコでしたがスピーディーな展開で私は大好きですね。プレイのしすぎでコンポーネントがくたびれてきているので、予備をもう1個買おうかとも思っています。

アグリコラ

今更のように盛り上がってプレイしているアグリコラ。この時もばっちりエントリーしてプレイしました。

泥沼が出てから泥沼入りしかプレイしてなかったのですけど、それもどうかなと思い始めたので、この時は基本セットです。小さな進歩と職業については、基本セットのカード全てを混ぜたものとGデッキの2種類から5枚づつ(進歩で基本から5枚とGデッキから5枚、同様に職業も両方から5枚)とって7枚を選択するという方式でプレイしてみました。

アグリコラ

わかりにくいカードがあれば、捨てるという初心者プレイです(^^;;。。ドラフトをするとプレイ開始までがさらに時間がかかるのでこの時は採用しませんでした。

プレイしてみると、あれ?食料事情が思ったほど辛くない、というのが私の感想でした。その辺りが辛すぎるので、泥沼を入れていろいろ手番の選択肢を増やしたりするのが良いと思っていたのですけど、基本セットだけでも十分いけますね(って、いまさらか(大汗))。基本でプレイしていた時は、Eデッキのみでプレイしていたことが多かったので、カードの選択肢がでてきたおかげでプレイの幅が広がってそうした点が楽に感じたのかもしれません。

アグリコラ

職業と小さな進歩はこんなにプレイできないよ、と思いながらも気がついたら併せて10枚もプレイしておりその効果を楽しめました。今更ですが、まだまだプレイしたい良いゲームですねえ。

ちなみに、今回から駒を全てGoodiesのものに差し替えて見たところ、木とレンガをうっかり間違える事が無くなって好評でした(もっとも、収納スペースは困る事になりましたが(汗))。

 デカスロン

4人になったところで、軽くカードゲームでもということでデカスロンをプレイ。

デカスロン

Overさんが丁度合流したところで、ブレイクもかねてデカスロンをプレイ。この先に出てくる競技とそれに必要なカードは見えてるのに上手くコントロールできない辺りが好きですね。重いゲームの前後などに最近よく持ち出してプレイしてます。

ドミニオン+暗黒時代

Overさんがドミニオンを未プレイということだったので、基本の推奨セットをプレイして慣れてもらってから最新の暗黒時代を入れての初プレイ。

ドミニオン

1回プレイしただけなので、何とも言えませんけど複雑化してるのは確かですね。今回初めて、何が出てくるか分からない(購入金額は分かっているが、同じ種類のカードでも効果に若干差があるものがある)というカードも出てきているので、なにやら難しくなった感じはします。

プレイから除去されたカードを再び使えるようになるあたりは、Graveyardのカードをリソースとして使い始めたM:tgの拡張セットを思い出したりして、従来無意味だったところに意味を持たせる作り込みというのは拡張していく中で見つかっていくのだなあ、などと思っていました。

もうちょっと何回かプレイしてみたいですね。

ティラミスティカ

ここからは、翌日(1/1)ですね。最初ということで元気にティラミスティカからプレイ。私以外は初めてのプレイなので、再びインストから。といっても、前よりは短時間でインストできて、なんとかプレイ開始。

私以外は初めてなので、初期配置と種族はお勧めセットのまま(私自身は人魚を初プレイ)。

テラミスティカ

魔法のトークンの除去周りのルールにちょと混乱がありましたけど、後はさほどルール的な混乱は少なかったと思います。

テラミスティカ

初期種族だとこの時の感じではノームが地形変化がボーナスになるタイミングがいいので、ちょっと強いねという感じでした。ただ、個人的にはこの辺でお腹いっぱいなので、通常のルールで果たして次回いつプレイするのかはちょっと自信がありません(汗)。

7Wonders+リーダ拡張

7Wondersのリーダ拡張セットを随分寝かせていたので、入れてみてプレイ。

7Wondersリーダ入り

従来の時代カードプレイの前にリーダーをプレイするフェイズが挟まるんですね。これが自分の持ってる文明の能力を加速する方向でいくのか、その時のプレイの状況を見ながら(といっても左右のプレイヤ以外はあまり関係無いのでしょうけど)に応じた得点力を出すリーダにするのかというのが悩ましい感じですね。

7Wondersリーダ入り

数回プレイしてみましたが、リーダ拡張は確かにあった方が選択肢があっていいかな(文明に縛り付けられるのがやや緩和される)という感じでしたね。これは2013年にはもう少しプレイしたいですけど、そういえば最近プレイしたというのをあまり聞かないですね。一時盛り上がり過ぎたので、廃ったのかもしれません。

TwilightStruggle

最後にOverとTwilight Struggle。ロシア・米国と立場を入替で数回プレイ。

トワイライトストラグル

ルール確認のテストプレイも含めて何度かプレイしていくと、カードでる順番とそれによって影響を受ける地域とかがなんとなく見えてきてさらに面白いですね。カードドリブンタイプのゲームをあまりプレイしたことがなかったこともありますけど、これはも来年に時間を見つけてはやりこんでいきたいゲームになりましたね。

ただ、細かい部分のルールは微妙に何度も間違ったので、初心者用のサマリは作った方がいいかな、という感じはしました(覚えればいらないレベルなんでしょうけどねえ)。

というところで、2012年の年末ゲーム会は終了となりました。2012年も沢山の皆さんとプレイできて&お相手いただいて感謝です。2013年もよろしくお願いします。

 

 


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=623