2月 25

自宅ゲーム会-2013年2月その1(テストプレイ会)

今月は、サーバーのトラブルで記録がまったく更新できていませんでしたが、ようやく再開です。未投稿のが貯まりすぎると結局アップしなくなってしまうので、急がないと行けませんね(大汗)。

この日は、bone5さんが上京するということで、オリジナルゲームのテスト会としてプレイしてみました。参加したのは、bone5さん、okazuさん、YOKさん、私の4人です。

スチームパンク

手札構築型ゲームというテーマのスチームパンクをまずテストプレイ。

スチームパンク

価格の変動する素材を集めてエリクサーを調合してお金を得る(お金はVP)というのが基本コンセプトでした。

面白いのが手札からカードをプレイすることで、様々なアクションを実行できるのですが、プレイする時と手元に戻すときにそれぞれアクションが実行(実行するためのコストは異なる)できるので、いつ手札にカードを戻すのか、それとも新しいカードを購入してそれをプレイした方が良いのかといったあたりがなかなか考えさせられる(そして思ったほどゲーム終了までの手番は無いので一手が重い)ゲームでした。

この時は、説明を聞きながら「素材購入->エリクサー調合」の基本パターンより「カード購入->カードの特殊能力で素材無しでエリクサー完成」のコンボを回した方が面白いんじゃ?と思って回してみましたが、回すコストが想像していたよりずっと大変で、基本的なプレイをしていた、bone5さん、YOKさんに圧倒されました。

一部カードが他に比べてかなり弱い(誰も使ってないのが一部ある)のが調整かなと話されていました。

ラウンドミッドナイト

ラウンドミットナイト

これれは何回かプレイしたことのある、ラウンドミッドナイト。といっても、昨年夏にプレイした時とは、カードの場にだしかたもカードの構成も変わっていたので、かなり違うゲームでした。

こちらは、ドラフト型カードゲームということですが、ドラフトされたカードを受け取るのか、パスするのか(パスすると副次効果が発動)を悩めるところがいいですね。以前のものよりその辺りの処理がシンプルになっていてプレイしやすくなっているのがいいですね。

アンモナイトをプレイした時に、点数のマイナスがなくて、あれ?bone5さんらしくない、と勝手に思っていましたがこれはちゃんとマイナス点があるので、安心してプレイできます(笑)。

今回のでかなり良いバランスになっていると思いますので、是非リリースしてください>bone5さん(^o^)/

パトロナイズ(仮)

パトロナイズ(仮)

こちらは、okazuさんの新作「パトロナイズ(仮)」です(カードのデザインは調整中のため、仮とのことです)。

システムとしては、メイフォローのトリックテイキング。1ラウンド6トリック行われて、最終的にポイントが高いプレイヤーが勝利というのが基本コンセプトだそうですが、上の写真にあるとおり手札が4枚しかないんですね(6トリックするのに!)。

また、最近のゲームらしくトリックするためにプレイしたカードによって特殊効果が発動するので、この辺は覚えて慣れる必要がありそうでした。

カード数が非常に少ないので最初に配られた手札に左右される部分が今は大きいかな?と感じましたが、その辺がどのように仕上がってくるか楽しみです。

セイルトゥインディア(仮)

セールトゥインディア(仮)

 

こちらもOkazuさんの新作のセイルトゥインディア(仮)です(カードのデザインは調整中のため、仮とのことです)。

個人的にぐっと来ました。リスボンからインドまでを航海しながら新しい土地を開拓していくのですが、リソースがとにかく管理が大変。

なにが大変かというと、コンポーネントが基本的に足らないんです(笑)。船の駒・お金の駒・VPの駒・その他の駒が全て兼用なので、「船を出したいけど駒が足らない。ええい、お金の駒を破棄して船に転用します」といったことが起きます。これは1つの駒で表せる量に限界を設定してあるところから発生するのですが、なかかなかいいデザインですね(たとえば、一定量のお金を表すには駒2個とかかかる)。

この辺りの駒の運用をいかにうまくしてインドまで開拓していくのですが、先に進めば必ずしもいいということじゃないあたりがも楽しかったです。これは、はやく製品版でプレイしたいですね。

ひもサバンナ

ひもサバンナ

ヒモシリーズの最新版です(これもコンポーネントは仮だそうです)。

指定された動物たちをヒモで囲むんですね(もう写真が全てを語ってますね(笑))。こちらは対象年齢を広くとっているそうなので、お子様ルールもあるそうです(大人ルールはちょと厳しい)。

私はヒモで囲む時に動物に配置する駒がポイントになることをすっかり忘れていたので、勝敗的にはダメでしたね。ヒモの置き方や扱い方(この時は、bone5さんが2重巻にしたりして、これでもいいか?とか聞いてましたね)あたりは、すこし細かくケアしたマニュアルが必要かもと思いましたね。

オーサー

オーサー

最後になにか、ということでオーサーをプレイ。

オーサーって合宿の夜ぐらいしかプレイした記憶がないのですが、もう何年プレイしてないか思い出せません。オーサー自身は専用カード(Go Fish等)も沢山でているので、前回プレイしたときはそうしたカードでプレイしたとおもうのですけどね。

プレイ自体は、「私がbone5さんから3枚連続抜き」とか「私がOkazuさんに名前を呼ばれると何故かノーヒントなのにカードを取られる」 といった好プレイが連発で随分もりあがりました。

オーサーは4人限定なのが難点ですが、久しぶりにプレイしても面白いですね。専用カードも出して来て、そのうちまたプレイしたいと思います。

といった、ところでこの日のゲーム会は終了となりました。テストプレイといいながら、しっかり楽しませていただいてありがとう御座いました。

※この日のテスト会後の感想戦の模様をPodcastに収録してあります。よろしければそちらもご覧ください – 「Podcast更新 2013.02.25分

 

 


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=693