久々の感想戦 – 「Dungeons and Dragons The Legends of Drizzt」感想戦

以前Podcastで流していましたゲームの感想戦をVideocastにしてみました。Podcastでの感想戦だと映像がもう一つ不自由なのでイメージを伝えるのにこちらの方がいいかなと思った次第です。感想戦の対象ゲームは、「Dungeons and Dragons The Legends of Drizzt」です。

いつも通り画像で補足しておきます。

Dungeons and Dragons - The Legend of Drizzt

これがキャラクターカードですね。8キャラぐらいありましたから、プレイするときによって変えるのがいいかもしれません。一応シナリオ毎にお勧めの組みあわせは書いてありましたので、この時は、そのお勧めに従ってプレイしています。

また、各キャラクターには特殊能力を何枚持てる(レベルが上がれば増える)かがあらかじめ設定されていますので、プレイ開始前にそのあたりを選択することで個性を出していくわけです。今回の感想戦の中でPHYさんが、ローグで罠外し系を選択したのに、罠が出なかったと嘆いていらしゃった原因がこの選択の所にあります(笑)。

Dungeons and Dragons - The Legend of Drizzt

マスターがいないタイプのゲームですので、各タイルの端まで移動すると勝手にマップがでてくるしかけになっています。ダンジョンがどちらの方向に伸びるかはその時のプレイヤー次第ですから、上記の写真のようになるかどうかは全くわからないという感じです。この辺がランダム要素があって良いと感じるか、シナリオ的にもう少し制御して欲しいと感じるかで好みが分かれそうです。

Dungeons and Dragons - The Legend of Drizzt

あと、モンスターはそれなりの造形のフィギュアなのですが、プレイヤーは紙製の駒なので、その辺はちょっと残念なところですね(向いている方向とかないので、紙製でもいいのでしょうね)。


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=907