【ボードゲーム レビュー】「デルフォイの神託」- ゼウスに選ばれるため12の試練の挑む

スティファン・フェルトさんの、ちょっと変わったレースゲーム「デルフォイの神託」の神託です。

テーマとしては、あたらしい神になるためにゼウスが出した12のお題(特定の場所に荷物を運ぶか、怪物を倒す)をクリアして、ゼウスのもとに帰ってくるというものです。

全体が海洋になっていますので、どのコースを通って、どこ順番でお題を達成するかは自由度が高いのですが、早いものがちですので、そこがレースになっている部分です。

移動・荷物の受け取り・配置・怪獣との戦いといったほぼ全てをダイスの色で指定するため、ダイス目の運と出たダイス目をいかに組み合わせて望んた内容を実現してゆくかのバランスが面白く仕上がっています。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2244

TGGボードゲームライブ 【Vol.41】- 2018年上期ボードゲーム振り返り

今回は、2018年上期にプレイしたゲーム・気になったゲームを振り返ります

紹介ゲーム
・アクシオ
・ダイナソアアイランド
・タルギ
・アナクロニー
・ヌスフィヨルド
・Traxx
・グルームヘイブン
・サイドリアルコンフルエンス
・ハイソサエティー
・アメン・ラー
・フランシス・ドレイク
・ロビンソン・クルーソー
・パルサー
・WelcomeTo
・幽霊屋敷
・ヒストリー・オブ・ザ・ワールド
・ローヤルパレス

(順不同)

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2239

【ボードゲーム レビュー】「Alchemist (アルケミスト)」- レシピを作る+レシピを使う=高得点!!

アルケミストという名前のゲームはいくつかあるのですが、これはプレイヤーが、錬金術のためのレシピも作るし、誰かが作ったレシピも使うというちょっと変わったシステムを採用しています。

プレイヤー達で錬金術のためのレシピを作れるのですが、作った本人はレシピを作った時に「勝利点」も設定します。

この勝利点は、レシピを作ったプレイヤーは作った時に1回もらえるだけ。他プレイヤーは、そのレシピを使うたびに、設定された得点がもらえるのです。ただし、レシピを作った人に、素材を一部渡さないといけません。

これが良く効いていて、素材が欲しいので、効率のよいレシピを提示したい。でも、効率が良すぎると他人に点数が入りすぎる、というジレンマを抱えてプレイすることになります。このあたりが面白く仕上がっています。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2236

【ボードゲーム レビュー】「History of the World」- 旧AH版と最新Z-Man版を比較

膨大な歴史のなかで各時代に自分の影響力をいかに残してゆくかという壮大なテーマのゲーム「ヒーストリー・オブザ・ワールド」です。

今回の動画では、全体のゲームの流れをAH版(第3版)でご紹介しながら、2018年に日本語版もリリースされましたZ-Man版(5版)との違いを語っています。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2233

【ボードゲーム レビュー】「バスルートをつくろう」- 街の中に自分のバスルートを作り上げよう

Saashi & Saashiさんの2018年作品「バスルートをつくろう」です。
各ラウンドに全員共通のお題としてカードがめくられ、指定された色に従って自分のバスルートをペンで書いていくのですが、書く先のマップが全員共通なのです。
よくある紙ペンゲームだと各自の手元に書いていって、徐々に差が出るというのが定番ですが、これは全員共通のボードに対して書き込んでいくので、最初からお互いのルートを横目で見ながらゲームが進んでいくところが非常にユニークです。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2230