【ボードゲーム レビュー】「ボブジテン その2」- 私ボブ。言葉を日本語で説明して欲しいあるよ!

パーティー系ゲームの「ボブジテン その2」です。カタカナで出てくるお題を「カタカナを一切使用せずに説明する」というゲームです。

お題を説明するプレイヤーは、タイヤというお題をうけたら、例えば、「自動車の両輪に4個ついている駆動部品で、黒くて弾力性があります」といったように説明します。この説明を聞いて、ピンと来たプレイヤーがいればお互い点数をもらえるという仕掛けです。

カタカナ語を使わずに説明するのはこれまた難しくて、そこに面白さが生まれてくるようになっています。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2252

【ボードゲーム レビュー】「ローランド」- 開封レビュー

2018年夏の注目作品の一つ、ローランドの開封レビューです。

ローランドの簡単な説明と各種コンポーネントの中身についてレビューしています。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2254

【ボードゲーム レビュー】「サンファン」- プエルトリコのカード版!

プエルトリコのカード版にして、レース・フォー・ザ・ギャラクシーの元ネタとも言える「サンファン」です。

プエルトリコから資源の出荷の要素を削ってシンプルな建築と資源の販売のみに絞り、支払いのお金を手札の枚数にしたという当時としてはとてもあたらしいシステムが盛り込まれています。

2018年現在はすでにあたらしい版もでていますので、そのあたりも含めてレビューしています。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2250

ハンザ・テウトニカ・ルールサマリー

名作ハンザテウトニカのルールサマリーを作りました。拡張セット分も作ってあります。

  • ルールの利用に伴う問題発生時には責任を公開者は負いません
  • 無断転載禁止です
  • 公開したものであっても、予告なく修正・削除する場合があります

データ


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2247

【ボードゲーム レビュー】「デルフォイの神託」- ゼウスに選ばれるため12の試練の挑む

スティファン・フェルトさんの、ちょっと変わったレースゲーム「デルフォイの神託」の神託です。

テーマとしては、あたらしい神になるためにゼウスが出した12のお題(特定の場所に荷物を運ぶか、怪物を倒す)をクリアして、ゼウスのもとに帰ってくるというものです。

全体が海洋になっていますので、どのコースを通って、どこ順番でお題を達成するかは自由度が高いのですが、早いものがちですので、そこがレースになっている部分です。

移動・荷物の受け取り・配置・怪獣との戦いといったほぼ全てをダイスの色で指定するため、ダイス目の運と出たダイス目をいかに組み合わせて望んた内容を実現してゆくかのバランスが面白く仕上がっています。

続きを読む


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=2244