«

»

12月 28

海底に眠る宝を拾い上げる「海底探検」レビュー

オインクゲームズさんの2014年秋新作の「海底探検」です。

海底探検箱

海底に沈んでいる遺跡から如何に価値の高い遺跡を引き上げてくるかを競うゲームです。全員が共通で吸うことになる酸素を積んだ潜水艦から水中に潜っていくのですが、そこにはランダムで配置されているタイルが置かれていて、潜水艦から遠くに行くほど期待値が高い遺跡が眠っています(最初の方だと最低は0,最後の方だと最低でも10を越える価値)。

海底探検

この遺跡をめがけてサイコロを振ってドンドン海底を進んでいくわけですが、遺跡を拾うと「移動できるマス目が拾った遺跡分マイナス!!」と「拾ってる遺跡分手番毎に酸素を吸う!」ことが起きます。この酸素が全員共通なので、欲を出して遺跡を拾ってゆっくりしか動かないヤツがでてくると酸素を吸いまくる訳です(笑)。

酸素があるうちに潜水艦まで戻れれば拾った遺跡の数字をチェックできてVPになるのですけど、酸素切れになると遺跡を全部落としてしまって海底(一番遠い場所)にスタックされていきます。これが3枚1セットでスタックされるので(酸素も1個分としてしか減らなくなる)、後のラウンドでふかく潜れると一発逆転もあり得るわけです。

ラウンドが進む毎に空いたマスが詰まってより奥の遺跡までアプローチしやすくなったり、前のラウンドで落としてしまった遺跡がスタックされているのが魅力に見えてきてふかく潜ってしまい、また酸素が無くなる、そんなゲームに仕上がっています。

欲をとるのか、固く潜水艦までもどるのか、そんな駆け引きが楽しめるゲームになっています。プレイ人数が多くなるとあっという間に酸素が無くなってしまうので、そうした理不尽さも楽しめるかもしれません(笑)。

ゲーム全体のレビューは動画をご覧下さい。


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=1226