2月 05

自宅ゲーム会-2012年第1回

特にテーマを決めずにプレイしている自宅ゲーム会です。

今回は、Atog師匠、PHYさん、YOKさん、柊さんと私の5人。今回はリクエストでマンションオブマッドネスをプレイしたいという事をいただいていましたので、まずそこから始めました。

・マンションオブマッドネス(★★★☆☆)

初めての方が3人ということで、個人的に入門用という位置づけのと思っているシナリオ1を選択してみました(コード:1A-2A-3Aです。分かる人だけ分かってください)。このシナリオ1は2度目のマスターなので、かなりじっくり展開を考えてマスター側はプレイできました。

今回のプレイでは、PHYさん&YOKさん探検家チームが登場するモンスターを何とか倒そうと応戦し、Atog師匠と柊さんで周囲を調査するという感じの展開でした。

何度かプレイしていますが、このゲームは5人専用で且つプレイヤーは二人一組で探索コースを分けていくというのが常道のようですから、マスターはそこを上手くついてプレイヤーの思惑をハズさせるプレイをしてゆくのが良いと思います。

このシナリオ1は、比較的モンスターの登場数が少ないシナリオなので、そこを見越してプレイヤーに神話カードやトラウマカード、マスターアクションカードを上手く駆使して「モンスターの物量では無いホラー映画」のような展開を作れるところが良く出来てると思います。

特に、ここぞと言うときの「押さえがたい衝動(マスターのマスターアクションカード)」はプレイヤー側の思惑を挫くキーカードですね。

結果的には、最終目的モンスターを後2ターンあれば、というところまでプレイヤーは追い詰めましたが、いかんせん前半のモンスターとの応戦で手番を使いすぎましたね。残念ながらプレイヤーの手番切れでマスター側の勝利となりました。

前回このシナリオ1をマスターでプレイした時と今回では全く私のプレイも違っていました。全体の流れと残りターン数をマスター側が上手く把握してプレイヤーを追い込んでいくことで、このゲームの面白さはもう一回り増すのではないかとも思いました。残りのシナリオをプレイするときには、その辺も注意して準備していきたいですね。

・Ascension: Return of the Fallen(★★☆☆☆)

デッキ構築ゲーム、「アセンション」の独立型拡張セットです。これ単独でプレイできます。日本語版は基本セットしかでていませんので、これは英語版でプレイしてみました。

基本的には、アセンションの基本セットと基本的な流れは同じです。違うところといえば、中央の列に出てきた瞬間に効果を発揮するカード、中央の列に出てくるとイベントとして次のイベントが出てくるまで影響を及ぼし続けるカードの2点です(ほぼ全てのカードのデザインが変わっています)。

プレイした感じとしては、「アセンションだなあ」というところでしょうか(笑)。特に斬新になった感じもしませんが、アセンションのテイストはそのままで何が出てくるか分からない運の要素の濃い流れもそのままです。基本セットだけだとモンスターの討伐系とそれ以外のバランスがちょっと悪いかな?という感じがしていたのはさすがに修正されているような気はしました。

ただ、英文がかなり書き込まれているので英語は特に苦にならないという人でないとプレイするのはちょっと大変かもしれません。個人的には、これがあれば基本セットは無くても良い(又はこれと混ぜても良い)感じですね。

・Kingdom Builder(★★★★☆)

いわゆるドミニオンの作者が作ったボードゲームといえば通りがいいゲームでしょうか。内容的には全く関係がありません。すがすがしいぐらい別物として作ってあります。

ランダムな4枚のマップ(裏表に別マップ)で構成されるボード、ランダムで選択される目的カード(最終得点時の計算の仕方がこれで大きく変わります)の2つが特徴でしょうか。

後は、手番で地形が書かれているカードを1枚引いてその地形の場所に自分の駒を配置するだけ(既に配置済みな駒があれば可能な限り隣接しなくてはならない)。

ほぼこれだけのルールですが、いい感じでした。引く地形カードによってプレイ範囲は大幅に制限されるのでそこは運ですが、それをみこしてどのような地形に繋げるように駒を配置していくかを考えるあたりが好みです。

もちろんいくら考えても良いカードをひかなきゃどうしもようも無いのですが、それは自分だけではないのでそれも含めて良手を見つけていくというあたりが良いと思います。最近の複雑なシステムが多いゲームのなかでちょっと光ものがありそうです。もう何回かプレイして味わっていきたいゲームですね。



Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=141