【ボードゲーム レビュー】「Valeria」- ダイスジャラジャラ。有能な部下を雇ってモンスターハントと領地拡大 – ルール修正あります

※ルール補足です 2017.04.13

動画の3:50付近で振ったダイスから目を選ぶと喋っていますが、正確には出た目は全て自動発動します。2と4の目が出たら、2と4と6(4と2の合計)の3つのカード効果を全員使うようになります。

Valeria Card Kingdoms(ヴァレリア カード キングダム)です。

中々面白いテーマになっていまして、プレイヤーは公爵。地位は立派だけど、領地も持っていないし部下は、騎士と農夫が1人づす。あとは、自分で頑張れとこうなってます(笑)。

ダイスからほそぼそと得られる収入をためながら、部下の拡充と戦力をためて跳梁跋扈するモンスターを退治。このサイクルが回ってくると領土も入手できるっていうわかりやすいながれになっています。

最初は非常に小さい戦力なんですが、休息に自分のリソースも部下も拡充しているくあたりが魅力です。

–関連サイト【Amazon】Valeria:Card Kingdoms – 並行輸入品http://amzn.to/2nTigN6
–ライセンス使用している楽曲は以下のデータを使用しています。
町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=1761