11月 16

「Lokus (トイレ) 」紹介

忍耐系カードゲームの「Lokus (トイレ)」を紹介します。

DSC01591_DxO

トイレに行くのをいかに我慢できるかという雰囲気のゲームです。2つあるトイレにならんで、上手くトイレに入り込むという感じです。

実際のプレイとしては、配られた手札から任意の1枚を選択して、全員同時に公開。

一番大きい数字と最も小さい数字を出した二人だけがトイレの列にカードを置けます(同じ数字の場合は、色で大きい小さいが決まっているので、同率はありません)。置けなかった人は、手元にカードを引き取りそのままマイナス点となります。置けるようになったプレイヤーは、最小のプレイヤーが先において、最大のプレイヤーは残った列に置きます。

DSC01594_DxO

じゃあ、最大と最小のカードをだせば必ずしもいいかというとそうでもなくて、まず最小のプレイヤーから2列のどちらかを選択するわけですが、既に置かれいるカードと「同じ色」・「同じ数字」の何れかがある列には置けません!この縛りがとても厳しいのです。

折角おけるように出したのに、前述の条件にはまって置けなくなると、カードを置けないばかりか追加のマイナスポイントを被る事になります。

良いこともあって、各列の5人目をプレイできると、失点を減らすカードを入手することができるので、各自そこを狙っていくのですけど、5枚目ともなると上手く置けるカードは、なかなか無いしあっても最大・最小にならなきゃ置けないしと忍耐が必要です。

手札をすべて置ききると1ラウンド終了で清算し、3ラウンド繰り返して最も失点が少ないプレイヤーが勝者となります。

トイレに近い感覚だと6nimmtとかがありますけが、出したカードが置けるかどうか分からないこと、置けても気を抜けないあたりが面白い仕上がりになってますね。

例によって3分ほどのプレイムービーを作りましたので、プレイの雰囲気はそちらでどうぞ(^o^)。

 

 

 


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=846