5月 30

宇宙銀杏都市じゃなくて、SFドラフトゲーム – 「Among the Stars」紹介 (動画)

( 7Wonders + 銀杏都市)  / SF   ? とか思いながらプレイしたゲームです。

Among the Stars箱絵

若干多人数ソロの要素もありますが、ドラフトタイプゲームが割と好きな私には十分楽しめましたので、ご紹介します。

 

カードに貼れるシールデータも公開していますので、よろしければどうぞ – Among the Starsカード和訳

画像で一部補足しておきます。

Among the Stars

カードの下の部分が黄色ものと白い物があるのですが、白い物は「特殊効果を配置した時に即時決算」、黄色い物は「ゲーム終了時に決算」という仕掛けになっています。黄色いものはたいていコンボなので、これを纏めていくことでポイントを狙うこともできますが、ドラフトなのである程度、周りのプレイヤーにもばれてしまう点が要注意ですね。


Among the Stars

中央にあるのがメインリアクターで最初にある発電所ですね。発電所の上のキューブは、2区画(カード2枚分)まで離れた所までしか電力を供給できないので、一定以上宇宙ステーションが大きくなると必然的に別の発電所が必要になってきます(見づらいですがあ、左奥に1つ立ててますね)。また、このキューブは最後にVPにもなるので、ショボイ区画を立てるぐらいなら発電所を建てた方がましだ、というシーンも出てきます。


Among the Stars

ゲーム終盤は、もうかなり凄い事になりますので、なるべく大きめのテーブルでプレイされることをお勧めします(笑)。

 

 


Permanent link to this article: http://www.thegamegallery.net/blog/?p=904